平常心を養う

パソコンの画面の前で、止まることなく上がったり下がったりしているレートをご覧になっていると、注文をしなくてはいけないという抑えようの無い感情に駆られる人も多いです。

 

だが、はっきりしない思いでエントリーすることは絶対にしてはいけません。

 

ご存知の通り、外国為替相場は年中どういう時でもいずれかで為替相場が開かれているし、レートもいかなる時でも上がったり下がったりします。

 

しかしながら、何度もトレードを積んでいくとその分損をする率が高くなります。

 

当たり前ですが、取引の数を重ねることによって、勝つ確率が半々になるのは事実です。

 

しかしこの事は「なんとなく感覚で売り買い」することとは別の話だ。

 

エントリー回数を積み重ねるとは「ここで勝負」と直感したチャンスを持ったところでのエントリー回数を重ねるという意味である。

 

格段の理由がなく、休む間もなく売買をするのとは異なります。

 

外国為替相場の戦いに勝つためには、自らよく考えてメリハリをつけることが大事です。

 

「ここは勝てる」とよく考えた市場の時には迷わず所持ポジションを増やして徹底的に利益を追い求めます。

 

「明らかに難解な為替相場で、どう動くのか予想できないな」と思い至った時は、所有ポジションをひとつも残さないで見切りをつけて何もしない。

 

それぐらいのけじめをつけた方が結果的にはエントリーは勝てます。

 

外国為替相場の格言には「休むも相場」というものがあります。

 

本当にその通りだと思います。

 

為替取引とは何も常に売買ポジションを保持する事が重要ではなく、どの売買ポジションも持たずに待っている事も、相場なのである。

 

それでは、いつ、休むべきなのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、先に述べたように、現在の市場が明確に判断できない時です。

 

今後高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時は、何も考えず行動すると、自分の考えた筋書きとは違った方向に相場が動いてしまい、損失を被ることになる。

 

こうした状況ではポジションを減らして、そのまま何もぜずに見ているだけがいいと思います。

 

第2に、自身の体の調子がすぐれない時。

 

体調と外国為替市場に関係ないと感じる人もいるだろうが。

 

かなり関係があります。

 

体の状態が思わしくなければ、市場の重要なところで正しい決定ができなくなります。

 

関心がわかない時は市場から目をそらす事も大事な事です。

 


次の記事も読んでね!!

  1. 平常心を養う
  2. テスト