すべてを裏切る行為

破産申告をする人であなたの負債に関して保証人がいるときには、事前にきちんと話しておいたほうが無難です。

 

さらに、改めてお勧めしますが、負債に保証人がいるときは破産前にきちんと考えておかなければなりません。

 

その理由はもし破産手続きを出してOKが出れば、その人があなたの義務をまとめて負うことになってしまうからです。

 

ですから、破産申告の前段階で保証人となる人に、これまでの経緯とかおかれた現状を報告してお詫びをしておかなくてはいけないでしょう。

 

それは保証人になるひとの立場からすると不可欠なことです。

 

みなさんが自己破産するのが原因で強制的に高額の債務が発生してしまうわけですから。

 

そうして、その後の保証人となる人の選べる手段は次の4つです。

 

一つめは保証人である人が「すべてを支払う」という方法です。

 

保証人自身がすぐにでも大きな債務を苦労することなく返せるような貯金を所有していればこの手段を取ることが可能になります。

 

でもその場合そのまま破産申告せずに保証人となる人にお金を貸してもらって、自身はその保証人に月々一定額を払っていくという選択肢もあるのではないかと思います。

 

保証人があなた自身と関係が良いのであれば少し期日を延期してもらうこともありえます。

 

たとえ耳をそろえて返金ができない場合でも、金融業者も話し合いにより分割に応じる場合も多いです。

 

保証人に破産による整理を行われてしまうと、借金がまったく返らない可能性があるからです。

 

その保証人が返済額を全部まかなう経済力がないなら、あなた自身とまた同じくある中から債務整理を選択が必要になります。

 

2つめの方法は「任意整理」を行う方法です。

 

この場合債権者側と話し合う方法で、おおよそ5年弱のあいだで弁済する方法になります。

 

弁護士などにお願いするにあたっての経費は債権者1社ごとにだいたい4万円。

 

もし7社からの債務がある場合28万円必要です。

 

必要な貸金業者との話し合いを自分でしてしまうことも不可能ではないですが経験がない素人の場合相手があなたにとっては不利な内容を勧めてくるので、気を付けなければなりません。

 

それと、任意整理を行うということはその保証人に借金を立て替えさせることを意味するわけですから、あなたも時間がかかるとしてもその人に返済をしていく必要があるでしょう。

 

次は保証人である人も債権者と同じように「破産を申し立てる」ことです。

 

その保証人もあなたと同じように破産を申し立てれば保証人となっている人の負債もチャラになります。

 

しかしながら、保証人である人が有価証券等を所有している場合は該当する個人資産を失いますし資格制限がある職についているのであれば影響を受けてしまいます。

 

そのような場合は、個人再生制度を検討するといいでしょう。

 

一番最後の4つめの方法としては「個人再生という制度を使う」ようにします。

 

住宅等の不動産を手元に残しつつ整理を望む場合や、破産申し立てでは影響が出る職務にたずさわっている人に検討していただきたいのが個人再生です。

 

この方法なら、マンション等は残りますし破産手続きの場合のような職業の制限資格にかかる制限が一切ありません。